ランサーズ攻略ガイド

ランサーズで活躍するとあるランサーが、ランサーズの基本的な使い方やテクニックをご紹介していくサイトです。

自己満足で終わらせない!稼げるランサーになるための3つのポイント【攻略チャート1-4】

f:id:kurocraft7522:20171013161616p:plain

 

こんにちは!クロです。

 

クラウドソージングサイトを日々利用していると「クラウドソージングは稼げない」という声を未だに多く見受けます。

 

文字単価0.1~0.5円という案件でガツガツ書いて、何とか月1~2万円を稼いだ!という方もいれば、その一方で、文字単価で表せないような記事単価数万円の高単価の案件で、月数十万~数百万という結果を出し続けている人もいます。

 

果たしてこれら稼げている人と稼げていない人の違いとは何でしょうか?

 

今回はその違いを私自身の経験談に基づいて、稼げるランサーになるための3つのポイントについてご紹介していきます。

 

ランサーズで30万以上稼いできたWebライターが教える!稼げるランサーになるための3つのポイントとは…?

f:id:kurocraft7522:20171013163829j:plain

 

私自身、ランサーズを使い始めて、2017年10月で7ヶ月の月日が経ちました。

 

現在は、ランサーズだけでなくSOHOや大手Webメディア様でもお仕事を頂けるようになり、日々好きなことを仕事にして過ごしています。

 

とはいえ、もちろん最初から順風満帆だったわけではなく、中には0.1円を下回る案件を受注したことも…。

 

その一方で、エンタメ分野の記事で文字単価3~4円のものを受注したこともあったりもします。

 

そんなこんなで現在、500記事以上記事を執筆してきて稼げるルールやテクニックについて、一通り考えがまとまったので、今回は稼げるポイントをご紹介していけるようになった次第です。

 

さてここからが本題です。稼げるランサーになるためには、いくつかルールが存在します。

 

ここではその数あるルールの中から、3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

 

その3つのポイントとなるのが以下の通りです。

  1. 稼げるテーマの秘密は顧客に眠っている!
  2. 稼ぐ技術はアフィリエイター/表現力はブロガーに学べ!
  3. 専門家ではなくプロフェッショナルを目指すとこから始めるべし!

それではこの3つのポイントについても細かく具体的な内容について見ていきましょう。

 

稼げるテーマの秘密は顧客に眠っている!

f:id:kurocraft7522:20171013165944j:plain

 

1つ目にご紹介するポイントは、稼げるテーマを探す際に重要となるポイントです。

 

稼げていないランサーは、大体この稼げるテーマを知らずにライティングをやっているために、なかなかどうしても高単価の仕事を受けずにつまづいてしまっています。

 

では稼げるテーマとはどういうものなのか?

 

答えは、顧客単価の高いテーマです。

 

顧客単価って何?っていう方に簡単に説明すると、モノを買う際に消費者一人当たりが1回に支払える総額のことをいいます。

 

つまり1回の買い物に私たちが支払う料金のことですね。

 

例えば、買い物へ出かけたりする際、皆さんは色んなお店に行くと思います。

 

100均、スーパー、コンビニ、ファッション売り場、電気屋などなど…

 

他にもたくさんの種類のお店があると思いますが、皆さんはこれらお店の商品にどのようにして値段が付けられているのかと考えたことはありませんか?

 

材料費?サービス質?需要?理由は様々ですが、値段の低いモノと高いモノの違いって何でしょう?またこれらを支払って買うお客さんとはどういう人でしょうか?

 

10代でお金の管理を親が持っていることもあって、利用できるお金に限りがある人なのか?20代で遊ぶお金も時間もたんまりたまっている人なのか?30・40代でボーナスのお金は余っているが、時間のない人なのか?

 

このように稼げるランサーになるには、お客がどれだけ懐にお金を抱えているのかを考えるのが重要になってきます。

 

なぜなら、支払えるクライアントの財布が肥えてなければ、その分のお金は決してこちら側に渡ることはないのだから。

 

自分が発注者側になった時を考えてもらいたいのですが、手元に1万円しかなく、それであなたはWebサイトを一つ作りたいとなった時、あなたはどのように人に依頼しますか?

 

サイト運営には3ヶ月ほどの継続発注が必要。→でも1万円しかない。→なら自分で書けばいい?→他の仕事で手一杯→なら仕事の単価を下げて依頼するしかない。

 

という風になるわけですから、予算も発注者側で目処が立っており、当然、受注者側がいくら単価交渉を頼んだところで、まず値上げ交渉は成立しません。

 

ならばどうするか?発注者側に借金を背負ってもらってまで、報酬を何が何でも上げてもらうって方法は取れません。

 

そうなると受注者側であるランサーが、戦うフィールドを変える必要があります。

 

ではどこに変えるのか?それがさっき言った顧客単価の高いテーマです。

 

ちなみに顧客単価の高いテーマを探すときは、自分が買い物をする時めっちゃくちゃお金をかけるものを想像して探してみるのが一つのコツです。

 

もう少しヒントを出すと、稼げるテーマというのはお金を使っている時の感覚が基本ありません。

 

身近なモノでなく今までの体験を長い期間に渡って、振り返ってみることをおススメします。


稼ぐ技術はアフィリエイター/表現力はブロガーに学べ!

f:id:kurocraft7522:20171013174231j:plain

 

2つ目にご紹介するポイントは、稼ぎ出すための技術を身につける場所の話です。

 

Twitterを利用していると、ブロガーさんやアフィリエイターさん、ライターさんと凝り固まったコミュニティで絡んでいるのをたびたび見かけます。

 

ちなみに一応それぞれの定義については、

 

ブロガーさん=自分のブログでオリジナリティ溢れる切り口で記事を書く表現のプロ。

アフィリエイターさん=サイトに訪れる読者の悩みに受け答えしながら、ネットの文章をお金に変える稼ぎのプロ。

ライターさん=限られた文章や提示されている事実を誰でも読みやすく読者に届ける翻訳・まとめのプロ。

 

としていきます。

 

そんな同業者の方々と私自身も時々、Twitterで情報交換をすることもあるのですが、その中の全員が全員稼げているかと言われれば決してそうではありません。

 

ましてや文章は書けるけど、編集やWordPressが使えない、校正ができない人など人それぞれです。 

 

ちなみに私自身は記事を読んでいただけている方が予想している通り、文章がド下手くそで大の苦手。

 

それでも曲りなりに稼げているのは、ひとえに稼ぎ出すための技術をいくつか身につけてきたからです。

 

使いやすいツールやサムネイルには高機能なモノを使っているなどというのも、もちろんありますが決してそれだけではありません。

 

文章を書く際にもいくつか工夫している点もあるからです。

 

その工夫というのがタイトルにもある通り、稼ぐ文章を書く際はアフィリエイターをライバルと見据えて、キャラクター性を出した文章や特定層を引き込む文章を書く際は、ブロガーをライバルと見据えた文章作りです。

 

ライターというのはあくまで文章を翻訳し読みやすくするのが仕事なわけですが、文章を仕事として使っている以上は、言葉を組み替えるだけでは記事としての高いクオリティを叩き出すことが出来ません。

 

そこで稼げるオリジナリティ溢れる文章にするため、稼ぎのプロであるアフィリエイターと表現のプロであるブロガーから文章の書き方を実際の文章を読みながら学ぶ必要があるのです。

 

もしこの記事を読んでいるあなたが、本当に記事執筆で稼いでいきたいのであれば、同業者であるライターさんより、稼ぎのプロであるアフィリエイターから記事の書き方を学んでみましょう。

 

専門家ではなくプロフェッショナルを目指すとこから始めるべし!

f:id:kurocraft7522:20171013180832j:plain

 

最後にご紹介するポイントは、ランサーとしての心構えです。

 

ランサーズ初心者に限った話ではなく、初めての分野に挑戦し、なかなか稼げないと言われている方によくありがちな危険な心構えとして、何でも失敗してはいけない、完璧でなければならないという専門家を目指してしまうというケースです。

 

意識が高いのは結構なのですが、最初から完璧を目指そうとすると何をこなそうにも上手くいきません。

 

ダイエットなんかを例に考えてみてください。例えばそれまでごはんを毎日1日5食で1食のたびにお茶碗3杯分のご飯を食べてた方がいるとしましょう。

 

そんな方が、明日から1ヶ月水だけで過ごしてやる!と目標を立てたとします。

 

これダイエット上手くいくと思いますか?

 

少なくとも私は、こんな目標意識が先行しまくったやり方で成功したケースを知りません。

 

やっぱ1食減らして4食にすれば良いよね?とか言いながら、1食の分を他の食事の時に摂取するとかになったら、結果的には悪いまま現状維持に落ち着いてしまいます。

 

だからこそ必要以上に専門家を目指してはいけません。

 

では何を目指せばよいのでしょうか?

 

それならプロフェショナルを目指しましょう!

 

プロフェッショナルと専門家って言われると、言葉の意味が似ているので分かりづらいですが、ここでいうプロフェッショナルの定義は「当たり前のことを当たり前にこなせる人たち」のことをいいます。

 

連絡が早い!納品が早い!文章のやり取りが多い!

 

何でも良いです。他のランサーに負けない当たり前を作れるようにしましょう。

 

以上が今回私がおススメする稼ぐための3つのポイントについてでした。なかなか稼げていないという方はぜひ参考にしてみてください♪

 

おわりに…

さてここで一度今回のおさらいをしてみましょう。

  1. 稼げるテーマを見つけるために、顧客を知って顧客が支払える顧客単価を知ろう!
  2. 稼げる文章はすべてアフィリエイターに!表現力ある文章はブロガーに学ぼう!
  3. 最初に専門家を目指す必要はない。プロフェッショナルを極めろ!

以上が今回の3つのポイントです。